リラックス

コーヒーの淹れ方①ハンドドリップ

どんなコーヒーを飲んでいますか?

家、街の喫茶店、カフェ、チェーン店etcなど、人それぞれですよね。場所が好きでコーヒーの味はなんでもいいや、という人もいるかもしれません。

でも、一口にコーヒーと言ってもいろいろな淹れ方があって、それぞれに味わい・香りが違います。

五感に与える印象によって、人の気持ちは大きく変わりますが、コーヒーも淹れ方によって、五感に与える印象は大きく変わります。

その日の気分、feelingによって違った淹れ方のコーヒーを味わうのもいいものです。

今日は「ハンドドリップ」です。

 

ハンドドリップとは

コーヒーをドリッパーという器具を使って、自らの手で淹れる方法です。コーヒー豆とドリッパーがあれば淹れることができるので、とてもシンプルかつ簡単な方法です。

逆三角形のコップの上に乗せる器具を見たことありますよね。あれがドリッパーです。スタバの入り口付近の棚で売ってますよね。

 

ハンドドリップに必要な器具

必要な器具は以下の通りです。

1.ドリッパー

2.ペーパーフィルター

3.ドリップポット(お湯が注げれば電子ケトルなどでもokです)

ドリッパーにペーパーフィルターを設置して、そこにお湯を流していきます。お湯を入れると同時にコーヒー豆を蒸らして、香りを引き出す効果もあるので、お湯を注ぐのにはドリップポットという専用器具が望ましいのですが、最初は電子ケトルややかんで問題ありません。

あともちろん挽いたコーヒー豆が必要になります。

ハンドドリップの場合、あまり細かく挽いていない豆の方が向いています。

 

ハンドドリップのやり方

まずはドリッパーにペーパーフィルターをセットします。いろいろなサイズのフィルターがあるので、ドリッパーにフィットする形、大きさのものを選ぶのがポイントです。

次にドリッパーをカップにセットします。ここでお湯を注いでいくのですが、いきなりドボドボいれるのはNGです。まずは少量のお湯を注いで、豆を蒸らしてください。お湯を吸って豆が膨らんでいくのを眺めてください。豆からの香りや美味しさをゆっくり抽出するために必要ですので、必ず行うようにしてください。ポタポタと抽出されたコーヒーが落ちてきたらOKです。

蒸らしが終わったら、だいたい2回〜3回に分けて、カップに合った量のお湯を注いでいってください。「の」の字にお湯を注ぐのがポイントです。均等にコーヒー豆からの旨味、苦味、香りが抽出されます。

これで完成です。一人用の抽出を前提にしましたが、簡単ですね。

 

 

こんな人にオススメ

ハンドドリップは一番シンプルな抽出方法ですので、コーヒーを自分で淹れてみたいと思った人の入門編としてオススメです。本当は少し奥が深いのですが、初期投資もそれほどかかりませんし、失敗しにくい方法なので。

あとドリップしているときに、コーヒー豆がお湯を吸って膨らんでいくときには、本当にいい香りが広がって、幸せな気持ちになります。インスタントコーヒーでも簡易のドリップ式のものがありますので、まずはそこから初めてみるのもいいですね。

慣れてきたら、コーヒー豆の種類や挽き方をアレンジすることで、コーヒーの奥深さが分かって、楽しみが増えていくと思います。