乾癬(かんせん)という病気をご存知でしょうか。

名前からは伝染する何か?という印象を受けるかもしれませんが、皮膚の病気で他の人に感染はしません。最近、道端アンジェリカさんがカミングアウトして、この病気を知った方も多いのではないでしょうか。

(出典:道端アンジェリカ オフィシャルブログ)

お綺麗な方ですね。乾癬に悩んでいるとは全く知りませんでした。

実は私も20数年前からこの病気に付き合ってきていまして、病気自体よりも、周りへの説明や気遣いで気疲れするという点で大変だと感じています。

モデルさんだと余計に大変だっただろうなと思います。

この病気は周りの方に感染るわけでもないのですが、見た目が悪く映るので、患者本人の心理的なストレスは非常に大きいものです。

少しでも病気への理解を深めてもらえるとありがたいと思って、少し説明させてください。

中年以降に発症する方も多いようなので、30代以降の方、みなさん要注意です!

乾癬(かんせん)とは?

乾癬とは皮膚の病気で、慢性的に皮膚が赤くなって、その表面の皮膚がかさぶたのようになってポロポロ落ちるという症状が出ます。

皮膚が局所的に代謝がよくなって、ターンオーバーが活発になることで症状が出るようです。全身に症状が出て、特に頭皮に症状が出る場合、フケのように見えたりします。

原因はまだよく分かっていませんが、元々欧米人に多かった症状で、食の欧米化に伴い日本人の患者も増えてきているので、何かしら食事、またストレスが影響しているのでは?と言われています。

私に初めて症状が出たのは高校生の頃でした。

後頭部に赤い湿疹が出来て、最初は脂漏性湿疹という診断でしたが、なかなかよくならず、大学生の頃に専門医にみてもらい、乾癬だとわかりました。

当時それほど症状は強くなかったので、フケがよく出るな、嫌だなとなんとなく思っていた程度でした。

その後、仕事を始めてから症状は悪化していきました。

おそらくストレスが原因だったのでしょう。背中や脚にも症状が出始めました。全体的にどこまで症状は重くはないものの、この病気と向き合うのはなかなか大変です。そこから一進一退を繰り返し今に至ります。

乾癬の治療法

乾癬の治療法ですが、大きく3つ、最近もう一つ増えて4つあります。

①塗り薬

皮膚の病気といえば、これ塗り薬です。アトピーなどと同じステロイド剤がよく効きますが、ステロイドは長期間使用すると、余計に症状が悪化するという副作用があります。

そのほか活性型ビタミンD3外用薬 というものもあり、こちらはステロイドと比べると効果が弱いですが、その分副作用も少ないです。

私はずっと、リンデロンオキサロールを使っていますが、2年ほど前からドボペットという世界的にポピュラーな薬が日本でも処方され始めまして、最近はもっぱらこれを使っています。

また、最近はコムクロシャンプーという、頭皮専用の医療用シャンプーも発売されており、少しずつ薬も進化しています。

コムクロシャンプーについてはこちらをどうぞ。

「乾癬」に効くコムクロシャンプー!使ってみた感想と効果。お手入れが楽になりました。

②飲み薬

ビタミンA誘導体や免疫抑制剤などがあります。私も過去処方を受けましたが、あまり効果はなかったです。個人差があるのかもしれません。

また最近はオテズラ錠という新薬も出ています(効果は確認中です)

乾癬の飲み薬「オテズラ錠」の処方をゲット!試してみた効果は?薬価は?

③光線治療

紫外線を浴びることで、症状を緩和する治療法です。薬ではないので、副作用などがない点が大きな特徴です。

いくつか方法がありますが、私はかかりつけで「ナローバンドUVB療法」を定期的に受診しています。効果はあって照射を受けたあとは症状が大きく緩和しますし、続けて受けると症状が一時的に消えます。ちなみに1回あたり2000円前後かかります。

太陽を浴びるだけでも効果があるとも言われています。

④注射・点滴治療(生物学的製剤)

体に注射や点滴で生物学的製剤を注入する方法で、最近、導入が進んできています。体の免疫機能に関連する乾癬の原因の一つである「サイトカイン」の働きを弱める効果があるとされています。

ただし、副作用の可能性がある点、治療費が高額である点がデメリットであると言われています。私もまだ試したことはないので、詳しくはわかりませんが、期待しています。

乾癬への対処法

治療法以外にも、対処法がいくつかあるとされています。

食事を変える

もともと欧米に多かった病気という点から、食事を和食を中心とした内容にする、肥満を解消すると症状が改善するという事例があるようです。

原因の一つとして、コレステロールが影響しているという説もあるようです。血液検査でコレステレールが高い方は、これを下げることで症状が改善されるかもしれません。

お酢、玉ねぎ、生姜、サバやイワシなどの青魚、納豆などがとても効果があると言われています。典型的な和食を食べるのが一番ですね。甘いものもクリームやバターなどを使う洋菓子は避けるのがベターです。

ストレス発散

やはりストレスは大敵なので、できるだけストレスフリーに過ごすことが大事です。仕事やプライベートでのストレスがある場合、発散方法を見つけて、少しでも軽減するようにしましょう(これが難しいのですが。。)。

私も仕事のストレスを運動で発散するようにしたら、症状が少し改善したことがあります。

最後に

乾癬を少し理解していただけたでしょうか。

みなさんの周りもきっと患者さんがいるはずですので、正しい知識を持って接していただきたいと思います。

そして、患者の方、すぐに治ることはないですが、症状を徐々に改善することはできます。一緒に乗り切っていきましょう!

「乾癬」に効くコムクロシャンプー!使ってみた感想と効果。お手入れが楽になりました。