子育て

ノロウィルスの症状、消毒、対処法!感染したら潜伏期間に注意!

 

小さい子供がいる方は経験があると思いますが、保育園や幼稚園で子供が色々と病気を持ち帰って来ることが多いです。

子供が熱を出して看病をした親もまた熱を出して、そしてまた別の家族も。。みたいなループがよく起こります。

そんな私の娘(1歳半)も先日、なかなかな大物を持ち帰ってきました。

それは・・・、ノロウィルス!!!

冬場に多いと言われていますが、それ以外の季節も要注意です。私の場合、私、妻、子供が全滅しました。

ノロウィルスの症状、潜伏期間

下痢・吐き気・嘔吐・発熱が主な症状です。

感染後、12時間〜48時間の潜伏期間がありますが、その後、何の前振りもなく、症状が突然やってきます。急激な吐き気に襲われて、数回の嘔吐、その後に水のような下痢が続くのが特徴です。

下痢もその辺のとは違っていて、終始隙間なく続きます。トイレが友達どころか、トイレが恋人の状態になります。

そして、それと合わして発熱の症状も出てきて、一連の症状が治ると収束に向かうイメージです。

ただし、症状が治ってもウイルスは体内に残っていて、感染力がある状態と言われています。

そのため、回復してもしばらくは人が多い所にいくのを避ける、可能な限り仕事を休む、会食など他の人とシェアする食事には行かないといった対応が必要です。

周りの人に移してしまうと、恨まれます。。

私もなんだかんだで、2週間くらいはできるだけ人との接触は避けてました。

ノロウィルスの対処法

ノロウィルスに対して効果がある薬や予防ワクチンは開発されておらず、感染後はウィルスが体外に出て自然回復するのを待つのみで、対処療法しかありません。

下痢や嘔吐も体内のウイルスを体外に排出するための症状なので、これによって回復していると思いましょう。何よりも大事なのは、「水分補給」です。

下痢や嘔吐は体内の水分を大量に失わさせるため、脱水症状を引き起こす可能性が高くなるためです。

どんどん水分を補給して、それを色々な形で外に出すことが、症状の緩和に繋がります。

では、何を飲むべきか?

ポカリスエットなどのスポーツドリンクも吸収が良いのですが、糖が多く含まれているため、体によいとは言えません。

経口補水液(ORS)が最も適していると言われています。

最近だとドラッグストアでも多く販売されて、夏場の水分補給源として、CMなどでも目にされたことがあると思います。

私もこれをずっと飲んでました。少ししょっぱいですが、嫌いじゃない味です。1ケースなんてとても飲めないと思っていましたが、回復するまでに結局3分の2くらいは飲んでいました。

ただし、症状によっては自分での水分補給がしんどいという状況もありえます。その場合は病院に行って、点滴での水分補給・栄養補給をしてもらいましょう。

即効性が高く、症状の緩和が進みます。点滴は1時間くらいかかるので、時間には余裕を持っていきましよう。

ノロウィルスの感染後

感染後は治療に専念するしかないのですが、ノロウィルスの場合、治療に合わせて感染予防に注意が必要です。

嘔吐物などの処理

ノロウィルスはなかなか死なず、非常に感染力が高いためです。特に嘔吐物や排泄物には大量のウイルスが存在しているので、取り扱いに注意が必要です。

乾燥すると周りにどんどん広がっていくので、まず乾く前に素早く処理してください。これはとても大事です。

除菌方法=アルコールはダメ

もう1つ注意点があります。それは除菌方法です!

これは勘違いしている人が多いのですが、単純なアルコール消毒ではノロウィルスは死にません。必ず次亜塩素酸(電解次亜水)をドラッグストアなどで手に入れて、これを使って全てを綺麗に拭き取ってください。除菌力が強く安心なので、日頃から家庭に常備しておいた方がいいかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

ちなみに私は子供が発熱した際に座薬を入れたあと、普通の石鹸で手洗いをしたのですが、除菌が不十分で感染したようでした。

除菌方法には細心の注意をしましょう!

最後に

とにかく感染すると辛いのがノロウィルスです!万全の予防と、万が一感染したら正しい方法で、早急な治療を心がけてください!