サイフォンコーヒーって聞いたことがあるでしょうか?

フラスコをしたから熱してポコポコ言いながら、コーヒーが出来上がるあれです。

昔ながらの喫茶店でしかなかなか見かけないかもしれません。

 

コーヒーの淹れ方の中でも、玄人の方が好むとてもムードのある、

コーヒーを淹れること自体を楽しむことができる方法です。

 

サイフォンコーヒーの淹れ方

まず器具の一番下にあるフラスコに水を入れます。

そして、器具のうえにあるロートにコーヒー豆を入れます。

そして、フラスコの下のサルコールランプに火をつけて、フラスコを熱します。

お湯が沸いたら、ロートにお湯が上がってくるので、ヘラでロート内をかき混ぜてください。

これによって、コーヒーの成分がお湯にゆっくりと抽出されます。

混ぜ終わったら、アルコールランプの火を消してください。

お湯の温度が下がって行くのに連れて、ロートのコーヒーがフラスコに落ちて行きます。

あとはカップに注いで完成です!

 

サイフォンコーヒーに必要な器具

サイフォン一式→ロート、フラスコ、フィルター、アルコールランプ、スタンド です。

色々ありますが、だいたいセットで販売していますので、

興味がある方は、ネットで調べて購入して見てください。

おおよそ数千円〜数万円という価格の範囲です。

 

こんな人にオススメ

サイフォンコーヒーは、コーヒーを淹れる楽しみを味わえる方法です。

ゆっくりをコーヒーを淹れて、ゆっくりをコーヒーを味わうという、

一連の流れ・時間そのものを楽しむことができるという点で、ただコーヒーを飲むだけではなく、

見た目にも楽しみたい人、時間を楽しみたい人、家に人をよく呼ぶ人などにオススメです。

 

実は私も喫茶店以外では見たことがないのですが、

安定した味わいが出せる淹れ方なので、自宅でも楽しむことができます。

 

興味がある方は是非リラックスの際にお使いください。