子供が保育園から帰ってきて、家で食事をしていると、なんとなく瞼が薄紫色な気がして、気のせいかなと思っていたのですが、翌日朝になると、瞼が赤く腫れていました。

しかも、片目ではなく、両目にできていてかわいそうな我が娘。

早速病院に連れて行くと、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)というものもらいとのことでした。

2種類あるものもらいのうち、よくあるポピュラーな方で、子供によくある症状と言われました。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは?

まつげの生え際部分が化膿して、瞼が赤く腫れる症状が出てきます。

かゆみや痛みがある場合もあり、子供は特に皮膚が柔らかいため、手でこすってしまうと、症状が悪化する傾向にあります。

そして、症状が出てから数日でうみが出てきて、回復するのが一般的ですが、子供の場合、なかなか治らず両目にできたり、悪化したり治ったりを繰り返すことがあります。

 

原因は、黄色ブドウ球菌の感染です。黄色ブドウ球菌が、まぶた裏の汗の腺から侵入して、そこ

を化膿させ、麦粒腫の症状を引き起こします。

どこにでもある菌なので、誰でも感染する可能性があるものです。

(出典:参天製薬HP)

麦粒腫の治療法

治療法は、抗菌目薬軟膏の処方が一般的です。

治るまで、だいたい1週間〜2週間程度かかりますが、別のものもらいが出てくることもあり、長引くこともあります。

昔はすぐに切開して、うみを出すという方法が一般的だったようですが、子供が泣き叫ぶのを無理やり押さえつけて、手術することになるため、

トラウマになるという研究結果が出て、今は余程症状が重くない限りは薬での治療となっているようです(from 娘のかかりつけ医)。

確かに子供にとっては苦痛ですよね。

私の娘も毎日目薬していますが、それですら大泣きしていますので。

ものもらいを予防するには?

子供はとにかく色々なところを触るので、手に菌がつきやすいです。

また保育園や幼稚園など、外でも色々な菌をもらってきます。

清潔にするため、以下を気をつけてください。

・家ではできるだけこまめに手を洗う

・布団やシーツ、タオルなどよく使うものは洗濯をして清潔な状態を保っておく

・子供の爪を短く切っておく

その他、免疫力が下がると感染しやすくなるので、ストレスがない環境を作ってあげて、たっぷり睡眠時間を確保してあげることも大事です。

ちなみに他の人には移ることはないので、普通に生活を送ることができます。

最後に

子供はなかなか自分の体調を説明できないので、目をこするとか、違和感がある様子があれば、すぐに対処してあげるようにしましょう!

ものもらいも何かのサインです。