(SD:number web)

先日、サッカー日本代表は見事、アジア最終予選を突破し、W杯の出場権を獲得しました。

日本代表はW杯本戦に向けての強化試合、メンバーの選出が話題となっていますが、実はまだW杯への戦いは続いています。

アジアの中では日本とも対戦したB組3位のオーストラリア代表と、A組3位のシリア代表が、プレーオフへと進出しています。

そして、今日夜、プレーオフの1stラウンドがいよいよキックオフです!!

 

プレーオフのシステム

W杯のアジア出場枠は4.5枠となっています。

既に日本、サウジアラビア、イラン、韓国の4カ国が決定しているので、のこり0.5枠を争う戦いです。

アジア最終予選のプレーオフのシステムですが、まず最終予選の2組の3位のチームがそれぞれホームアンドアフェー方式で対戦します。

今回はオーストラリア代表シリア代表がそれぞれプレーオフに進んでいます。

 

第1戦

日時:10月5日 21時半〜

開催場所:ハン・ジェバ・スタジアム(マレーシア)

※シリアは内戦中であるため、第3国であるマレーシアでの開催となっています。

(SD:サッカーキング)

第2戦

日時:10月10日18時〜

開催場所:スタジアム・オーストラリア (オーストラリア・シドニー)

(SD:ゲキサカ)
このホームアンドアフェー方式での勝者が、W杯出場!と行きたいところですが、実は違います。。

このアジアプレーオフ制した国は、さらに北中米カリブ海予選で4位の国との大陸間プレーオフに進出し、ここで勝利して初めてW杯出場となります。

なんとも厳しい戦いです。

オーストラリアvsシリア=意地のぶつかり合い!

オーストラリア代表はアジア有数の強豪国と言われていますが、今は弱体化が進んでいるとも言われています。イタリア系、クロアチア系のヨーロッパ移民の減少などが原因と言われていますが、一昔前のような世界的なプレーヤーが少なくなったのは事実。

一方のシリア代表は、国内が内戦中という状況ですが、国外リーグで活躍する選手も多く、チームとしての質は高いです。オマル選手などは素人が見ても、上手い素晴らしいサッカー選手です。

やや落ち目にあるとも言えるオーストラリア代表が、どこまで意地を見せるのか、また母国の状況もあり、W杯出場を決めて国内にいいニュースを見せたいと強く願うシリア代表がどこまで意地を見せるのか、お互いの意地のぶつかり合いと言えるでしょう。

「負けられない戦いがそこにある」と頻繁に聞きますが、本当に負けられない戦いですね。

最後に

どちらが勝っても、さらに北中米カリブ海のチームとのプレーオフという厳しい状況ですが、1チームでも多くアジアのチームが本戦に出場してほしいです。

どちらも応援したいのですが、強いていうなら、予選突破するとW杯初出場となるシリアを応援したいと思います。

どっちが勝っても次のプレーオフは応援したい!

頑張れ、オーストラリア&シリア!!