サッカー

サッカー日本代表、倉田のゴールでなんとか勝利はしたものの・・・

サッカー日本代表、キリンチャレンジカップ2017ニュージーランド戦が、先ほど終わりました。

スタジアムで見ていた人、テレビで視聴していた人、色々だと思いますが、きっとこんな感想を持っていると思います。

勝ったはいいけど・・・、大丈夫??

 

ニュージーランド戦の内容

今日の試合、怪我の長谷部や原口を除くメンバーで先発が構成されました。

概ね順当なスタメンだったと思います。

前半の流れ

前半はメンバーの攻撃への意識が高く、スピードある攻撃でニュージーランドを圧倒し、何度か決定的なシーンも訪れました。

ニュージーランドも日本のスピードに戸惑っていたようで、日本が押している時間が大半でした。

しかし、香川も決定的な惜しいシュートを外してしまうなど、決定力が今一つでスコアレスのまま後半へと向かうことになりました。

後半の流れ

後半も前半同様に日本が攻撃を仕掛ける展開で始まりました。

開始数分で、運よく相手DFのハンド判定があり、PK獲得。これを大迫が決めたものの崩しての得点ではなく、嬉しいけど・・・という内容でした。

その後は、徐々にニュージーランドも慣れてきたのか、日本が押し込まれる場面も増え、ニュージーランドの攻勢が強まり守備に奔走する展開に。。

そして59分、吉田のマークから外れた注意していた大型FWクリス・ウッドのヘディングを叩き込まれて同点にされました。

そこからは両チーム共に選手交代が活発になり、一進一退の攻防が続く展開。

日本代表では、途中出場の乾が得意のドリブルで切り込んで何度かチャンスを作っていました。

そんな展開の中、終了時間が近く88分に乾からのセンタリングの折り返しを、倉田が決めてこれが決勝ゴールとなりました。

試合の感想は「今後が心配」

確かに勝利はしました。

しかし、1点目はラッキーなPK。2点目はバテてきた相手のポジショニングミスが原因でもあるゴールと、崩し切ってのゴールと言える展開はありませんでした

ニュージーランドはランキング上は格下ですが、決して弱くないとは思います。でも、もう少し圧倒する展開になるべきではなかったのかなと、心配になりました。

それぞれ上手い攻撃の駒になる選手はたくさんいるのですが、上手くハマっていないと言うか、連携がイマイチに感じてしまいます。最近は試合ごとにメンバーの変更もあるので、もう少し時間がかかるのかもしれません。

また乾選手がなぜ途中からなのか?

相手が疲れてからの方が効果的という判断なのかもしれませんが、もっと長い時間見てみたいです。一番脅威を与えていたと思います。

次の10月10日(火)ハイチ戦に向けて、どういった修正をしてくるのか、楽しみです。もっと気持ちのいい展開で、ゴールをきめてほしい!

倉田選手とは??

さて、今日ゴールを決めた倉田選手。あまり馴染みのないメンバーなので、初めて聞いた方も多いと思います。

氏名:倉田秋、所属:G大阪、背番号:10

ガンバのユース→ガンバ→ジェフ→セレッソ→ガンバとチームを渡り歩いて、今はG大阪で遠藤と並んで中盤を支配しているキープレイヤーです。

攻撃的MFとしてドリブルやパスセンスが優れています。

ガンバでは今年から10番をつけていますが、いわゆるパサーのイメージではなく、自ら動いてチャンスを作って行くアクティブな10番スタイルの選手です。

倉田選手に会える??

倉田選手、大阪モノレールの一日駅長を務める予定です。

日時:10月15日(日)17時〜

場所:大阪モノレール万博記念公園駅

トークショーやプレゼント大会もあるので、ファンの方、ファンになった方、是非参加してみてください!直接会って、今日のゴールの感想を伝えましょう!

詳しくはこちら

最後に

勝って良かったですが、あくまで親善試合。W杯本番に向けて、もっとチームとしての力を高めていってほしいです。

今後はヨーロッパ遠征を行い、11月10日(金)にブラジル戦、11月14日(火)にベルギー戦がマッチアップされています。

世界の強豪チームとの戦いを楽しみにしたいと思います!

頑張れ日本代表!