仕事で初めて仙台に行ってきました。

仙台といえば笹かま、牛たん、萩の月、という定番のお土産をおさえたいなと思い、色々とリサーチをしていましたが、仙台のお客さんに牛たんならここで食べて欲しい!というオススメのお店を聞き、行ってきました。

そのお店は、牛たん炭焼 利休です!

牛たん炭焼 利休とは?

仙台で牛たんといえば、このお店というくらい、大人気の牛たん専門店です。

仙台市内には多数店舗があり、今は北海道から鹿児島まで、全国にも進出しています。

(SD:ぐるなび)

じゃあ、地元に近いところで食べたらいいじゃないか!と思った方、なかなか合理的です。

しかし、やはり名物はその土地で食べてこそ意味があります。もんじゃ焼きは東京、たこ焼きは大阪、味噌カツは名古屋ということです。

雰囲気や風情を含めて名物を捉えた方が、何倍も美味しくなります。

仙台で牛タンが名物な理由は?

名物としての牛タンが生まれたのは、実はそれほど昔ではなく、戦後の話です。

佐野啓四郎氏が戦後の食糧難の中、取り扱っていた鶏肉以外の「誰にも真似できない自分だけの料理を作りたい」という強い思いから、洋食の食材であった牛タンに着目し、塩漬けの牛タンを生み出したと言われています。当時は仙台に牛タンが多くあった訳ではないので、東北中から牛タンをかき集めて、牛タンの塩漬けを作っていたそうです。

そんな強い思いから生まれた名物です!人が歴史を作るんだなと再認識です。

日本で本格的な肉食が始まったのは明治以降ですし、さらに肉部分ではないタンを本格的に食べ始めたのは戦後なのかもしれないですね。

お店で食べるならこれ!

牛タン「極」定食

利休の牛タンは、普通のものでも結構厚切りで、食べ応えがあります。

でも、あえてここは「」を試して欲しいです。

」ですが、普通のものより厚みがあり、より食べ応えがあるのに柔らかく、明らかに食感が違っていて、牛タンの美味しさが口一杯に広がります。

その辺の焼肉屋にあるタンは何だったんだ?というくらいの旨味のパレードです。

ちなみに利休では牛タンの枚数を選ぶことができます。

焼肉屋さんの牛タンは非常に薄いので、その感覚で捉えると後でしんどいです。

3枚、4枚、5枚とあるのですが、かなり肉厚なので普通の方なら3枚で十分に満足できます。

牛タンシチュー

今まで食べたタンシチューの中で、最高クラスのシチューでした。

肉厚な牛タンがホロホロと口の中で溶けていく感覚は、感動すら覚えます。

横についてくるパンをシチューにつけて食べるのですが、濃厚なシチューとの相性が素晴らしく、ずっと食べていたいと思わせる一品です。

一人で牛タン定食とシチューは食べきれないので、複数で行った時に是非追加で注文して、シェアして欲しいです。

お土産はこれ!

そんな利休ですが、今はホームページからも牛タンが注文ができます。

しかし、ここでも一つ提案です。

お店で直接、お土産発送の手配をしてほしい

多分ホームページで注文しても、お店で注文しても同じ商品が届くとは思うんです。

 

でも、お店で注文すると直接送り状を書いて、それが送り先にも届くので、間違いなくお土産としての価値が上がります

また、お店の人も直接お店で注文した時の方が、良いものを送ろうと思ってくれるはずです(ネット注文でも良いものが届きますが、勝手な推測です笑。)

しかも、お店での注文だと冷凍ではなく冷蔵での発送も対応してくれます。

冷凍よりも、より鮮度が高い牛タンを自宅で楽しむことができる訳です(その代わり賞味期限は短いので、気をつけてください。)

ということで、私はお店での注文をオススメします!

最後に

仙台といえば、の後に必ずでてくる「牛タン」。

現地で食べる時も、お土産を買う時にも失敗はしたくないですね。

利休であれば、間違いないので是非一度試してみてください!