子育て

子供が川崎病で入院することに。。症状の見分け方。治療費の負担は?

子供に発熱があり、病院に行ったところ風邪との診断。薬をあげて様子を見ていたけれど、熱は下がらず。。身体にも赤い湿疹。

再度病院に行くと、「川崎病」の診断。急遽入院することになりました。

川崎病とは?

症状

4歳以下の子供に多い、全身の血管壁に炎症が起き、高熱や皮膚の湿疹、目の充血などの症状を伴う病気です。症状が長引き1ヶ月以上となることもあります。

小児科医:川崎富作氏の名前から、川崎病と名付けられました。

小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群とも言われます。

原因

原因は不明です。ウイルス感染・遺伝的な素因との関連が考えられています。原因が不明なので、予防が難しい点が特徴的です。

患者数

年間1万5千名程度が発症しています。最近、増加傾向にあるようです。

後遺症

冠動脈瘤が発症する可能性が指摘されています。通常の場合より、心筋梗塞などにもなり易い傾向にある点は注意が必要です。

後遺症の早期発見のため、回復後も定期的に検査に行く必要があります。目安は成人するまでです。

症状の見分け方

国立循環器病研究センターのHPによると、「川崎病」の症状は以下の通りです。

このうち4つ以上程度の症状があると「川崎病」の診断となります。

  1. 5日以上続く発熱(38度以上)
  2. 発疹
  3. 両方の目が赤くなる(両側眼球結膜充血)
  4. 唇が赤くなったり、苺舌がみられる
  5. 病気の初期に手足がはれたり、手のひらや足底が赤くなったりする
    熱が下がってから、手足の指先から皮膚がむける
  6. 片側の首のリンパ節がはれる

私の子供のケース

保育園から帰ってきた夜から発熱しました。風邪かなと思い様子を見ることに。翌日熱が下がらず、病院に連れて行くと風邪の診断で、座薬をもらって帰宅しました。

帰り道、目も充血していてものもらいのように少し晴れていたので、眼科にも行って目薬もいただきました。

家で休ませていましたが、今度は体中に赤い湿疹が出て、熱も下がらず、さすがにおかしいということで再度病院へ。。

すると川崎病の疑いで、紹介状をもらい総合病院にいき、診断が確定し即入院になりました。

初期は風邪の症状に近いので、医師も判断が難しい様子でした。

風邪+ものもらいの症状は、川崎病と言えるかもしれません。

治療法

血管の炎症を抑えるための治療が行われます。

免疫グロブリン療法

点滴で免疫グロブリン製剤を、静脈に投与します。免疫グロブリン製剤は、毒素の中和、炎症の抑制、リンパ球や血小板の働きを抑える効果があります。

私の娘も入院後2日間、点滴をしていました。

アスピリン療法

解熱・炎症の抑制、血栓防止作用のあるアスピリンの内服療法です。冠動脈瘤の防止の効果もあります。血がサラサラにするということですね。

治療費はどれくらいかかる?

回復が一番ですが、一方で気になる治療費です。

一般的にですが、入院が1週間〜10日程度必要ですので、入院料と診療報酬で60万〜70万円程度かかります。これの3割負担とすると、約20万円です。。

そんなにかかるのか。。。どうしようと私も思ったのですが、安心してください。

乳幼児医療費助成制度」があるので、負担額は大幅に軽減されます。自治体によって少し異なると思いますが、20万円かかることはないです。

私の子供のケースでは、1,000円程度だけでした。

※日本でよかったと心から思いました。これがアメリカだったら、きっと破産です。。

最後に

川崎病」と聞いて驚きましたが、とりあえず症状が治って一安心です。

今後も定期的な通院が必要ですが、定期的にお医者さんに診てもらえると思えば、プラスに考えられそうです。

子供も体調不良があったら、こまめに病院で診てもらうのがいいと思います。まだまだ知らない病気がたくさんあります。

皆様の参考になれば幸いです。

追記

最近、川崎病が増加傾向にあるようです。新聞の記事がありましたので、参考に。

とにかく早期の対応が重要なので、子供が高熱が出た時には病院に連れていって診てもらうようにしましょう。