考える

スターバックスで発砲事件。1名が犠牲、子供含む2名が負傷(シカゴ)。

 

スターバックスと言えば、コーヒーの美味しさはもちろん、落ち着いた空間を提供する人気コーヒーチェーンです。

アメリカのシアトル生まれのコーヒーチェーンで、本場アメリカでも絶大な人気を誇り、年代を問わず多くの人が利用しています。

11月2日の夜、そんなスターバックスで発砲事件があり、犠牲者が出ました。。

事件の内容

イリノイ州のシカゴで、現地時間の2017年11月2日20時10分頃、28歳の男性がスターバックスで銃撃され死亡しました。

周りにいたもう一人の男性24歳と、12歳の男の子も銃撃を受けて、病院に運ばれました。それぞれの関係性は不明です。

28歳男性と銃撃の犯人は、薬物の取引だった可能性があり、そこで何かのトラブルがあった可能性があります。男性がスターバックスに駆け込んできた後に、この事件が起きた状況です。

なお、犯人は黒い服装でマスクもしていたようで、詳細分かっていません。

事件の現場(スターバックス-シカゴuptown)

シカゴ市内のど真ん中といっても良い場所になるスターバックスで、シカゴの中でも治安が比較的良いとされるエリアです。

銃社会アメリカとはいえ、コーヒーショップでの銃撃事件はかなりショッキングなニュースとして伝えられています。

※スターバックスの場所

シカゴってどんな街?治安は悪い?

アメリカの中央やや北東にあるミシガン湖に面したイリノイ州の大きな街です。人口はニューヨークやロスアンゼルスに継ぐ全米3位です。

ユナイテッド航空、ボーイングの本社があることでも有名です。

その他、バスケットボールのシカゴ・ブルズ、メジャーリーグのシカゴ・カブス、ホワイトソックスなどがあり、プロスポーツも盛んです。

かなり大きな街で、とある調査結果では、アメリカで16番目に安全な街とされています。

https://www.safewise.com/safest-cities-america

比較的安全と言われている街、しかもスタバでの銃撃事件、とても怖いですね。。銃犯罪が日常的なアメリカ現地でもかなり動揺が広がっているようです。

最後に

海外、特にアメリカは一見安全に見えていても、やはり銃社会。どこで何が起きるのか、分からないことが明らかになった事件です。

日本は治安が悪くなったと言われて久しいですが、こういったニュースを聞くと世界的にはまだまだ安全な国だなと再度実感します。

アメリカに行く時は、スターバックスでも日本と同じようにリラックスし過ぎることなく、一定の緊張感を持っておきたいところです。。