久々に家の近くの本屋に行った時です。

文庫本売り場の前を通った時に、華やかなコーナーが目に入りました。

写真集のように、可愛い子がたくさんこっちを向いて微笑んでいます。

なんだこれは!?と思ったら、講談社の文庫フェアでした。

その名も「乃木坂文庫」!

乃木坂文庫とは?

講談社文庫と乃木坂46のコラボ企画です。

講談社文庫は創刊46周年。

乃木坂46との46’つながりから、この企画が生まれました。

スペシャルカバー

乃木坂46のメンバー一人一人が、46作品の文庫本のカバーに登場します。

このスペシャルカバーバージョンの文庫本は、書籍でしか買えません!

(出典:講談社文庫HP)

しかも、カバー袖には特製しおりが付いています。

ファンは買わないわけにはいかないですね。

フェアはいつまで?

フェアは10月下旬から、対象の文庫本バージョンが無くなるまでです。

本屋に急ぎましょう!

主要メンバーの担当文庫本は?

気になるメンバーの担当文庫本、チェックしてみましょう。

有名な作品から、初めて聞いたようなものまで色々ありますね。

このキャンペーンをきっかけに新しい作品に触れて、知っている世界を広げるのもいいですね。

白石麻衣

「幸福な食卓」瀬尾まいこ

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。それぞれ切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。

吉川英治文学新人賞受賞作。

西野七瀬

「星に願いを」林真理子

地方出身のさえない女子学生キリコは就職試験にことごとく失敗し、不採用通知がたまるばかり。しかたなくアルバイト生活に明け暮れながら、コピーライターなるものをめざす。そんなある日、幸運の女神がキリコのもとにやってくる。あれよあれよという間に、キリコは一躍「シンデレラ」に。著者の自伝的小説。

衛藤美彩

「モッキンポット師の後始末」井上ひさし

食うために突飛なアイディアをひねり出しては珍バイトを始めるが、必ず一騒動起すカトリック学生寮の“不良”学生3人組。いつもその尻ぬぐいをさせられ、苦りきる指導神父モッキンポット師──ドジで間抜けな人間に愛着する著者が、お人好し神父と悪ヂエ学生の行状を軽快に描く笑いとユーモア溢れる快作。

齋藤飛鳥

「家族写真」荻原浩

ちっちゃい赤ん坊だった準子が嫁に行くんだぞ──男手一つで育てた娘を嫁がせる「結婚しようよ」。あの主人公が同年代の54歳と知って愕然とする「磯野波平を探して」。もはや見ないふりできない肥満解消のため家族でダイエットに励む「肉村さん一家176kg」他。短編の名手による、笑って泣ける7つの家族の物語。

秋元真夏

「浜村渚の計算ノート」青柳碧人

「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった! 新時代数学ミステリー!!

最後に

私は衛藤美彩さんが好きなので、とりあえず衛藤美彩さんのスペシャルカバー文庫を購入しました。もちろん読みますが、とりあえずは本棚に飾って楽しんでいます笑

簿記が分かる意外な経歴?綺麗過ぎる乃木坂46-衛藤美彩さん!

近くの本屋に寄った時には、是非文庫本コーナーをチェックしてください!

※当記事内の画像は講談社HPの画像、及び一部、書籍棚の画像はTwitterからの引用です。