リラックス

W杯大陸間プレーオフ!ニュージーランドvsペルー!負けられない戦い

サッカーW杯ロシア大会予選、大陸間プレーオフ。

オーストラリア代表vsホンジュラス代表の同日に、もう一つのプレーオフが行われます。

ニュージーランド代表ペルー代表が、最終予選の切符をかけて戦います。

オセアニア1位と南米5位の両チームの負けられない戦いです!

W杯大陸間プレーオフ!オーストラリアvsホンジュラス!もうすぐ!

大陸間プレーオフのスケジュール

ニュージーランド代表ペルー代表のの大陸間プレーオフのスケジュールは以下の通りです。

1stレグ:11月10日16時15分〜(ニュージーランド時間)

※11月11日12時15分〜(日本時間)

2ndレグ:11月15日21時15分〜(ペルー時間)

※11月16日11時15分〜(日本時間)

開催場所・スタジアム

1stレグ:ウエストパック・スタジアム(ニュージーランドのホーム)

(出典:FOOTBALL TRIPPER)

収容人員数34,500人(40,000人まで席拡張可)のニュージーランドの首都ウェリントンにある1999年建設のスタジアムです。

港のすぐ近くにあるので、周りはコンテナだらけという他にはなかなかない立地ですね。ウエストパックは地元のウエストパック銀行のネーミングライツによる命名です。

2ndレグ:エスタディオ・ナシオナル(ペルーのホーム)

(出典: Indie Hoy )

ペルーの首都リマにある国立競技場です。1952年の建設なのでかなり年期の入った50,000人収容の大きなスタジアムです。何度か改修をしているので、外見は綺麗になっています。

エスタディオ・ナシオナルの悲劇」という、1956年の東京オリンピック南米予選での、ペルー代表vsアルゼンチン代表の際に起きた群集事故でも有名なスタジアムです。300人以上が死亡、500人以上が負傷したというサッカー界における最も大きな惨事でした。

南米の国なので、サッカーへの熱い気持ちが溢れているが故の事故なのかもしれません。

ちなみに観戦に向かう人はいないと思いますが、リマは外務省からの発表でも全国的に危険度が高い地域となっていますので、治安はあまり良くないです。

ニュージーランド代表とペルー代表の強さ

今回対戦するニュージーランド代表ペルー代表の強さを確認します。

ニュージーランド代表

(出典:Getty Images)

FIFAランキング122位とあまり高くありません。オセアニア地域ではダントツに強いですが、やはりラグビーとクリケットの国。サッカー人口がそこまで多くないことが一番の理由です。

ちなみにラグビーのニュージーランド代表は「オールブラックス」と呼ばれていますが、サッカーの代表は「オールホワイツ」と呼ばれています。

 

先日、日本代表とも親善試合を戦いましたが、ヨーロッパのリーグなどで活躍する選手も多く、強靭なフィジカルをベースにした戦いをするチームです。FIFAランキングこそ100位台ですが、実力があるチームといえます。

中でも一番の注目選手は、日本戦でも得点を決めたFWクリス・ウッド選手。

イングランド2部で得点を量産し、今年8月に同1部のバーンリーが移籍金21億円で獲得した、得点力あるFWです。

ペルー代表

(出典:FIFA HP)

FIFAランキング10位です。強豪国だらけの南米予選を5位で勝ち抜いただけの実力はあります。W杯にはしばらく出場できていないので、今回のプレーオフに対する意気込みはかなりのものがあると考えられます。

マイナスのニュースとしては、キャプテンでもあるFWパオロ・ゲレーロ(フラメンゴ所属)が、W杯南米予選アルゼンチン戦後のドーピング検査で陽性反応が出ており、30日間の出場停止処分を受けており、今回のプレーオフに出場できません。

(出典:Getty Image)

代表戦84試合で33ゴールというエースの離脱、チームへの影響は大きいと考えられます。

かなりの痛手ですが、イングランドやポルトガル、スペインなどのヨーロッパリーグに所属するメンバーもおり、チーム力が極端に落ちることはないと思います。

第1戦の結果

両者譲らず、結果はスコアレスのドローとなりました。

現状ではどちらが有利になるという状況ではありませんが、次節、ホームで戦うことができるペルー代表、少し有利かもしれません。

最後に

W杯に向けて本当に負けられない戦い、大陸間プレーオフ。

ニュージーランド代表ペルー代表か、ランキングからはペルー代表が有利に見えますが、何が起こるのか分からないのがサッカー、本当に楽しみです。

ペルー代表が勝てば9大会ぶり5回目、ニュージランド代表が勝てば2大会ぶり3回目のW杯出場となります。勝つのは1チームですが、どちらのチームも健闘を祈ります。