日本代表ブラジル代表の親善試合が終わりました。

1−3の完敗という、想像通り(もしくはまだマシな?)の結果となりました。

世界選抜とも言えるメンバーのブラジル代表との対戦、楽しみに観戦しましたが、結果はうーんという感じでした。勝てなかったり、通用しなかったり、各選手のどうのこうのは別にいいんです。

にわかサッカーファンの私としては、単純にもっとワクワクしたかったというだけでして、日本代表に何が足りないのか?が分かった気がしました。

ブラジル代表戦の総評

終始圧倒されて何も出来なかった前半、ブラジル代表がギアを落として、それなりに戦えるように見えた後半、こんな感じでしょうか。

ビデオアシスタントの影響でPKを取られたり、川島がPK止めたり、井手口のミスからマルセロに決められたり、オフサイドで杉本のゴールが幻になったり、浅野が決定機でミスしたり、酒井がネイマールとよく戦っていたり、試合全体を通じて攻撃・守備・速さ・テクニック全てが負けていたり・・・。

色々と考えられるポイントはあると思いますが、まとめると「ブラジル代表強いわー」「日本代表弱いわー」ということです。

次元が違うというのはよく言ったもので、試合してくれてありがとう、というくらいのレベル差でした。

でも、これも想定通りじゃないでしょうか?

もし仮に、ブラジル代表をボコボコにしてても、それはそれでブラジル代表は本気じゃなかったとか、色々言って、結局日本代表はそこまでのレベルじゃないっていう整理をすると思うんです。

きっと求めているものは、日本代表が勝つことではないのではないでしょうか?

サッカー日本代表に求めているのは何か?

サッカー観戦は、あーでもない、こーでもないというのが面白さというのは、よく分かっていますが、ブラジル代表戦を通じて、色々考えてみて気づいたことを書きます。

ちなみに、サッカーとは直接関係ない話です。

日本人のメンタリティ

多くの素人サッカーファンが、日本代表に求めているのは、圧倒的な強さではなく、日本人が世界の有名人と戦っている姿を観たい、あわよくば勝ってくれると嬉しいかもというレベルの強さ、もっと言うと強さではなく、その姿が見れるシチュエーションだということです。

多くの日本人は、自分よりも強く権威ある何かがあって、そこに認められることに快感を覚えるメンタリティの傾向にあります。

もちろん、どの社会でも権威に認められることを求めます。

しかし、農耕社会でずっと天皇がいて、政治を統治している人がいて、海外にもっと進んだ国があると思っていて、という環境でずっと歴史を刻んできた日本人の場合、自分が外の誰かに認められる点により強い快感を覚えるメンタリティが醸成されていて、この傾向が強いのです。

そのため、無意識的にこの構造に持ち込んで物事を考える傾向があって、ここにハマると非常に快感を覚えるんです。

サッカーに対するメンタリティ

日本代表がもともとサッカーでは強豪国ではない点も影響している部分はありますが、現状の日本人のメンタリティは、強いチームと戦えて嬉しい、それを応援できて嬉しいというレベルで考えていると思います。

レベルというと上下があるみたいに聞こえますが、そうではなくそういう考え方を採用しているということです。

海外の代表チーム場合、選手も国民も、もう少し自分勝手に自国のチームが強いか弱いか、強いと快感を覚えるというレベルで考えていると思います。

サッカーは文化を映すとも言いますが、本当にそうで、日本の場合、世界の中でまだまだ上がいる状況で、それなりに頑張っているというシチュエーションに、多くの人が快感を感じてしまうので、そういうシチュエーションを作れる人や場面を好んで選んでしまっているのではないでしょうか。

強くなりたいと言いながら、本当は強くなりたいのではなく、強くなろうとしている自分達が好きで仕方ないというメンタリティです。

ここが変わらないときっとずっとこのままの状況だと思います。と言いながら、私も今の日本代表の状況に色々不満を言いながらも、心の奥では上を目指している状況が楽しいと思っていたりします。

サッカー日本代表に求めていること

結局、私が求めているのは、日本代表の試合を通じて、サッカー日本代表が海外の強豪国から認められる存在になることなんです。

勝つ方が嬉しいのは間違いないですが、深層心理では勝つことを求めている訳ではなく、日本代表はなかなかやるな、良い選手がいるなと認められることを求めているのです。

だから、海外で認められている選手は、調子の如何に関わらず日本代表として戦ってほしい。その方が、海外から見て日本代表が認められるから。

今回のブラジル代表戦、ベルギー代表戦では、香川岡崎本田はメンバーから外れました。監督は勝つために外したのだと思いますが、心の中では勝つことを第一に求めていないので、こういった名の通ったメンバーは絶対に呼んでおいてほしいなと。

この3人が出ても負けていたと思いますが、日本でも指折りの世界で活躍するトップ選手が出場して、ブラジル代表などの強豪国と戦う姿を単純に見たいのです。きっと多くのファンはそう思っているのではないでしょうか。

名前を知っているワクワクするメンバーが、サッカーしている姿を見たいだけなのです。

あまり名前を知らないメンバーは、所属チームやリーグで有名になってから呼んでもらいたい。理由は簡単で今見てもワクワクしないから。

もし、多くの人が心の底から日本代表に勝つことだけを求めるようになったら、日本代表はもっと強くなると思います。サッカーの実力もありますが、それ以上に人間として奥に流れているメンタリティは重要なので。応援する私も含め、そうそう簡単に変わらないので、難しいところです。

最後に

今回はサッカーにあまり関係ない話でした。

日本代表に強くなってほしいという人多いと思いますが、本当にそう思っているのか、求めているものは何なのか、一度考えてみてください。

私も最近まで気づいていなかったのですが、勝つ日本代表がみたいというより、世界的に有名な選手がたくさんいる日本代表が見たいというのが本音でした。

次のベルギー代表戦も変わらず応援はしますが、ベタに有名な選手だけでスタメンを構成してほしいです笑。香川岡崎はいないのでワクワク度は下がってしまうのが残穢んです。

当該記事内の画像で引用先がないものは、Gettty Imagesからの引用です。

【サッカー日本代表】FIFAランキング5位ベルギー代表と対戦!スタメンは?