先ほどまで試合を見ていました「AFCアジアチャンピオンズリーグ決勝」!

なかなか痺れる試合展開でしたが、相手の退場もあり、最後はラファエル・シルバの力強い決勝ゴールで浦和レッズがチャンピオンになりました!

私は浦和レッズのサポーターではないのですが、10年振りにJリーグのチームがチャンピオンになったということで、とても嬉しく誇らしい気持ちです。

浦和レッズサポーターの皆様、心からおめでとうございます!

クラブW杯も検討を期待しています!

今回の試合、結果はとてもよかったのですが、実はこの試合を見ていて、興味本位で気になった点が2つあります。

対戦チームのアルヒラルの金髪の選手、そして、決勝ゴールを決めたラファエル・シルバ選手です。

アルヒラルの金髪の選手は誰?

金髪の選手は、髪型が目立っているからなので、ついつい目がいってしまいました。サッカー素人ですが、中盤でアルヒラルのサッカーを上手く調整している動きに見えました。

前の日本代表の遠藤選手(ガンバ大阪)で、相手への当たりを強くしたようなイメージでしょうか。

この選手誰だろうということで、背番号を頼りに調べました。

彼はニコラス・ミレジ選手、ウルグアイ出身の選手です。

(出典:Twitter)

1992年生まれの25歳、過去にはウルグアイ、メキシコ、ブラジルのクラブチームを渡り歩き、現在はアルヒラルに所属しています。ウルグアイの代表歴がある訳ではないようですが、AFCの特集でもkeyplayerとして紹介されている注目選手のようです。

さすが南米、非常にレベルの高い選手ですね。

ちなみに、奥さんと娘さんがTwitterによく出てきますが、綺麗&可愛い素敵な家族です。

(出典:Twitter)

また、金髪にしたのは最近のようで、ACFの決勝ということで少しでも目立ちたいということから金髪にしたのかもしれませんね。

W杯フランス大会に出場した時の日本代表が、金髪だらけだったのと同じ意識かなと。

ヨーロッパや南米の強豪チームからの声がかかる可能性もあるので、今後に注目したいと思います。

ラファエル・シルバはどんな選手?

決勝ゴール、気持ちいいゴールでした。

ラファエル・シルバ選手は、ブラジル出身。1992年生まれの25歳です。

ブラジルのクラブチームでプロデビューをしたあと、スイスのチームを経て、2014年にアルビレックス新潟に入団しました。そこでの活躍の後、2017年に浦和レッズに移籍し、リーグ戦でもコンスタントな活躍を見せています。

今までいくつか試合を見た印象では、スピードがあるFWタイプで、両足とも技術が非常に高い選手です。

今回の決勝ゴールも、相手DFの隙をついた反転からのスピードドリブル、そして強烈なシュートという流れからの素晴らしいゴールでした。

ちなみに、ラファエル・シルバ選手は、ブラジル出身ですが代表に呼ばれたことはありません。このクラスの選手だとブラジルではたくさんいるということなのでしょうが、今回注目を浴びた結果、ヨーロッパのチームへの移籍などが実現すると、その後の活躍次第でそれも夢ではないかもしれません。

世界中のスカウトが見ている試合なので、可能性は高いのではないでしょうか。

また、サッカーの代表は、一度出場すると他の国の代表にはなれないものの、見出場で帰化をした場合、日本代表での出場の可能性もゼロではありません。過去のインタビューは本人は否定しているようですが、(ファンから見た楽しみというレベルですが)今後の可能性としてあり得るかもしれません。

最後に

浦和レッズ、優勝本当におめでとうございます!

アジアのクラブチームの戦いと聞くとレベルが低いと言う方も多いですが、迫力のあるスピード感あるいい試合だったと思います。ヨーロッパとはレベルが違うとはいえ、十分に見応えがあったというのが私の感想です。

試合後の、ラファエル・シルバ選手のコメントです。

「本当に言葉にならない喜びだ。ファンは知らないと思うけど、ケガを抱えていて、一週間乗り越えるのが大変だったんだよ。でも、みんなのおかげで頑張れたんだ。今回のタイトルは、これから獲得するたくさんのタイトルの中の一つ。みんなで一つになって戦えたことに感謝したい」

次のタイトルということでクラブW杯が楽しみになったので、ここは全力で応援したいです。

(出典:Getty Images)

過去にクリスチアーノ・ロナウドがいるマンチェスターユナイテッドとガンバ大阪が戦いましたが、今回は、2連覇を狙うレアルマドリードと戦うレッズが見たいですね。

また、紹介した二人の選手の今後も気になるので、引き続き動向をウォッチしていきたいと思います!