真珠湾攻撃」、アメリカとの戦争の始まりとなった日本軍によるアメリカ海軍基地への爆撃です。この時期と夏にはやはり聞く機会が増えます。

日本の開戦通告がアメリカ側に届くのに、日本の駐米大使館の暗号解読の遅れが影響し、攻撃の後となったため、「奇襲攻撃」と捉えられ、Remember pearl harbor の合言葉の下、アメリカの戦意を高めるきっかけになった、そんな軍事攻撃でした。

この真珠湾攻撃、アメリカのgoogle 検索トレンドを見ると例年と同じく急上昇中です。

アメリカで「真珠湾攻撃」が急上昇する理由

アメリカはもともとヨーロッパからの移民が作り上げた国で、歴史がそれほどありません。そんなアメリカですが、建国以来、自国が攻められるという経験が非常に少ないという特徴があります。

そのため、攻撃を受けたという事実は、非常に深く記憶される傾向にあります。9.11も同じように近づくと、検索数が上昇します。

人間のグループは、グループの外に共通の敵を作ることで団結するという傾向にあります。

そして、表現が適切でないかもしれませんが、人工的に作られた国というのは、歴史がないが故にこの傾向が強く、外部の敵と戦った、そして勝ったというストーリーを好む傾向にあります。ストーリーを作らないと、団結しづらいということの裏返しかもしれません。

とにかくアメリカの人にとっては、攻撃を受けた日は特別な日であり、アメリカがアメリカであるためには忘れてはいけない日なのです。

日本による攻撃の背景

日本が攻撃した背景については、色々な研究がなされています。日本が世界的にかなり追い込まれていたこと、日本への石油輸入が止められたことから、日本としては選択肢がなかったという捉え方が一般的です。

日本が追い込まれた理由については、様々な意見があります。

日本の軍国主義が進んでいたことを理由とする意見、日本の軍国主義はそもそも欧米と同じことをしていただけで有色人種の日本への差別が原因だとする意見。

何れにしても日本には策がこれしか無くなっていたというは事実です。

追い込むとどうなるかは分かったはずなので、意識的か無意識かは別として、欧米、特にアメリカは日本に攻撃させたかったとも考えられます。

攻撃させる=攻撃する理由ができるというのは、過去の多くの歴史が物語っています。

この構図、最近の北朝鮮にも当てはまる?

世界から追い込まれて石油が止められている、と聞くと最近のあのニュースも状況が近いと気付きます。北朝鮮の話です。

北朝鮮も経済制裁により追い込まれ、かなり疲弊しています。

金体制の継続が目的であることを考えると、暴走する=崩壊するとなるため、北朝鮮が戦争を起こす可能性はそれほど高くないかもしれません。

しかし、策がないとなった時、負けると分かっていても暴走する可能性はなきにしもあらずだと思います。

戦前の日本も真珠湾攻撃によりアメリカの戦意を奪って、短期決戦で勝利することを目指したものでしたが、長期戦では負けることが分かっていました。

同じように、アメリカの何か、どこかをピンポイントで攻撃し、核を盾に反撃をさせないという戦い方を採用することも、ひょっとするとあり得るかもしれません。

いずれにしても、北朝鮮問題でもアメリカは北朝鮮に攻めてもらいたいと考えている可能性があります。アメリカは他者からの攻撃によって、自国の強さを再確認し、国家が団結するという歴史を繰り返してきているので。。

最後に

日本ではそれほど注目されていない真珠湾攻撃の話でした。

どんな国でも、それぞれの国に合うストーリーを強く意識する事件や出来事には敏感なのかもしれないと思ったのでした。

アメリカにとって原子爆弾の投下は、日本ほどには意識されていないのはこのためかもしれません。

少し考えさせられるアメリカでの上昇検索ワードでした。