対処法

今日、歯を抜きました。。昔に虫歯治療した歯が問題に。歯性上顎洞炎の怖さ。抜歯のケースも。

今日の悲しいニュースです。右上の奥歯を抜きました。。

なぜ、抜いたのか?

過去に治療した歯の根っこにばい菌が繁殖して、広がってしまったことが理由です。

歯性上顎洞炎」という病名のようです。

同じようになって欲しくないので、私のケースをお伝えします。

歯性上顎洞炎とは?

むし歯からの炎症が、上顎洞という顔の間の空間にまで入って、上顎洞炎を起こす症状です。

私の場合は過去に治療した歯(神経を抜いた歯)について、治療した金属部分の間から少しずつむし歯が再発し、知らぬ間にかなり状況が悪くなってしまったようです。そして歯根嚢胞という、歯の根っこに膿の袋ができる症状になり、あとは上顎洞までばい菌が進んて炎症を起こしていた、という状況です。

自覚症状

結論としては、自覚症状はかなり悪くなるまでなかったです。

今回の抜歯した歯ですが、治療から10年くらい経過していました。でも、特に痛みなどもなく過ごしていました。

1年くらい前に、今回抜いた横の歯が痛くなって、むし歯かなと思い近くの歯医者で治療してもらいました。無事に治療は終わり、そのあとも定期的に歯医者に通っていたのですが、その歯医者さんのスキル不足なのか、特に指摘されず、他に大きな問題はないなと思っていたのです。

それから数ヶ月が経って、今回の問題の歯に痛みが走るようになってきました。食べるときに痛みが走るのです。これは嫌だなと思いながら、またむし歯治療だ、仕方ないということで、歯医者に行くことにしました。

そのときには、引越をしていたので新しい歯医者に診てもらって、発覚しました。

痛みが出てきた時点でかなり進行が進んでいたようで、上顎洞まで炎症が広がっている状況で、抜歯しか選択肢が内容な状況になっていました。。

抜歯した歯を見たら・・・

抜歯した歯を見たのですが、歯の根っこにプニュっとした膿の塊が付いていました。

これが歯根嚢胞なんだと説明を受けましたが、こんなんが付いていたらそりゃ痛いわと納得しました。

むし治療をした人が注意すべき点

過去にむし治療をしたことがある人に注意してほしい点として、「定期的な検診を受ける」というポイントがあります。

これはよく言われますが、本当に大事です。治療した歯はやはり削ったり、手を加えていますので、そのあと治療の隙間から少しずつ悪くなることがあります。しかも、気付きにくいという点があります。

また、定期検診はできるだけ検査器具の整っている歯科医院で受けてください。レントゲンはもちろん、CTなども受けた方が、早期の異常発見につながるので安全です。

私ももっと早くちゃんと診てもらえる医院で受診できていたら、抜歯という状況までには至らなかったと後悔しています。

歯医者さんはレベルの差が大きいような気がしていますが、有用な口コミサイトがあまりないのが実情です。そのため、自分の目でその歯医者さんを見極める必要があります。

複数の歯医者さんに行って、一番納得するところで治療を受けるという進め方がいいです。

3つくらい回ると感覚ですが、良い悪い、合う合わないが分かるものです。

最後に

今回、私は歯を失いました。今後はインプラントを予定していますが、なかなかの出費でお財布に辛いところです。。

医療は予防が大事と言いますが、今回痛感しました。

歯は予防が大事!みなさん、気をつけてください!

※歯医者さんでは、抜歯のことを「ばっし」、抜糸のことを「ばついと」と言うようです。

私の歯を抜いた歯医者さんが、周りに指示を出していました。

確かに間違えそうだと思いながら、歯を抜かれたのでした。