バックナンバー(back number)という3ピースバンドがいます。

少し前からすごい人気で、たくさんのドラマや映画の主題歌にもなっています。

なんとなくしか聞いたことがなかったのですが、新曲の「瞬き」をたまたまフルで聴く機会があり、久々に素晴らしい曲だと思いました。

バックナンバーのプロフィール

群馬県出身のスリーピースバンドです。

ギターボーカルの清水さんが作詞作曲をしていて、日本人の琴線に触れるメロディーラインと、情景が浮かぶ歌詞が特徴的な曲を数多く発表しています。

メンバーは全員1984年〜1985年生まれなので、若過ぎない雰囲気も逆に魅力的なバンドです。

男性の心境を表現させたら、これ以上のアーティストはいないと思います。

歌詞のライティング能力としては、男性版西野カナさんという感じでしょうか。

「瞬き」の素晴らしさ

12月に「瞬き」という新曲が発表されました。

佐藤健さんと土屋太鳳さんW主演の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の主題歌となっています。映画のストーリー、世界観を見事に表した名曲です。

他のバックナンバーの曲と同じように、切なさを感じさせ心に響いて、何度も聴きたくなるメロディーラインは、さすがです。

ただし、この「瞬き」の素晴らしさは歌詞にあると感じています。

 

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が繰り返すようなものじゃなく

大切な人に降りかかった雨に傘をさせる事だ

 

幸せの本質を掴んでいる素晴らしい歌詞です。

幸せは大切な人を守る事、支える事にある、20代では気付けない部分だなと。

どれだけ成功しても、近くに誰もいなかったらきっとそれは幸せではない、どれだけ華やかでも誰も支えられていないとしたら、それはきっと幸せではない。

最近考えていた事に近くて、この歌詞が刺さりました。

「瞬き」の初回特典

私はitunesでダウンロードしたのですが、CDを購入すると特典がつくようです。

これは見たい!と思ったのが、ボーカルの清水さんが関東近郊の駅前で路上ライブに挑戦するという内容のDVD特典です。

(出典:Twitter)

何の予告もなく突然バックナンバーのボーカルが、路上ライブをしたらどうなるのか、ファンでなくてもドッキリみたいで見てみたいはず。

最後に

バックナンバーの「瞬き」は、間違いなく代表曲になると思います。

クリスマスソング」と共に、これからの冬の定番ナンバーになるかなと。

年末はこの曲を聴きながら過ごす事になりそうです。

いい曲を書くバンドがいてとても嬉しいです。

これからもバックナンバーをチェックしていきます。

※当該記事中の出典記載のない画像は、Twitterからの引用です。