2018年の大河ドラマは西郷どん。いよいよ1月7日からスタートです。

鈴木亮平さん演じる西郷隆盛の生涯を描く作品です。今まで西郷隆盛を主役にしたドラマって、ありそうでないですよね。楽しみです。

そして、このドラマの楽しみといえば、やはり豪華な出演者。北川景子さん、瑛太さん、渡辺謙さんと大河ドラマならではの豪華なメンバーです。

そんな中でも、最近あまりテレビドラマに出ていなかった黒木華さんが、久々に連続テレビドラマに出演されます。

黒木華さんとは?好きなところ

黒木華(くろきはる)

生年月日:1990年3月14日生まれ

出身地:大阪府

所属事務所:パパドゥ

漢字が華なので、黒木はなさんと間違われることが多いですが、黒木はるさんです。

可憐でかわいい女性というイメージがぴったりな黒木華さん、普通な感じなのにとてもかわいい、そのへんにいそうでいない、素敵な雰囲気を持った女優さんです。

ちなみにまだ結婚はされていないようです。

(出典:スポニチ)

 

黒木華さんの好きなところ

どこか身近に感じることができる可愛らしさが、素敵です。

和風な感じと素朴なイメージから、一途な日本女性を演じるイメージが強いですが、幅広い役を演じることができる演技派で有名です。

2010年にデビューされてから、数々の映画・ドラマに出演されています。

私は、ドラマ「天皇の料理番」での主人公の妻役の演技に惹かれて、ファンになってしまいました。演技力には定評がありますが、感情の機微を表情で、演技で見せることができる数少ない女優さんだと思います。。ベルリン国際映画祭の銀熊賞をはじめ数多くの賞を受賞しています。

(出典:twitter)

昭和顔の美人?

よく昭和顔の美人と言われる黒木華さん。

確かにイメージ的には昭和っぽいですが、以前映画の舞台挨拶で、昭和の女優さんとは違って薄い顔だと思うと、本人が言っていました。

昭和の女優さん顔か?と言われると確かに違いますね。でも、昭和っぽい女性の雰囲気という意味では、確かに昭和系な気がします。たまに蒼井優さんと似ていると言われますが、もう少し柔らかい雰囲気になったイメージです。

どちらにしてもかわいいです笑。

「西郷どん」で演じる役、見どころは?

「西郷どん」で演じるのは、片山糸という西郷隆盛の3番目の妻になる女性の役です。

西郷隆盛と幼なじみで、一度は別の人に嫁ぐものの離婚し、西郷隆盛の妻になる女性の役です。黒木華さんがどんな演技をするのか、今から楽しみですね。

ご本人も次のようにコメントしていて、意気込みを感じます。

「芯があってあって明るくて力強い女性。こんなに長い間同じ人を演じるのはなかなかない機会なので、そこも楽しみたい」

「糸としてこの撮影が終わるまで亮平さんをずっと愛し続ければいいなと思います」

(出典:Twitter)

探偵ナイトスクープに出ていた?

2003年の12歳当時に「お母さんに何も特技がないと言われているが、一つだけあって、足を高く上げることができる。それでお母さんを驚かせたい」という依頼内容で、出演されました。

初々しい黒木華さんが見れる今となってはお宝映像なのかもしれません。

私は映像が見つけられておらず、見れていません。。

最後に

黒木華さんは古き良き日本の空気感を出すことができる、今の時代に珍しいタイプの女優さんだと思います。

真田丸の時も素晴らしい演技でしたが、時代劇にはピッタリはまる女優さんであることは間違いないです。今回、出演される西郷どんも、楽しみに見たいと思います。