考える

下戸(げこ)の気持ち。意外な芸能人も?お酒は罰ゲーム以上につらい!

年末年始とお酒の場が多いですが、私はお酒が全く飲めません。

飲まないのではなく飲めない、いわゆる『下戸(げこ)』です。

最近はアルハラという言葉も出るくらいなので、少しマシになってきましたが、まだまだお酒の圧力は強い。

もっと下戸の気持ちを分かってほしい!結構つらいです。本当に。

下戸(げこ)とは?

下戸とは体質的にアルコールを飲めない人、もしくは非常に弱い人です。

昔の律令制の下の人達を指す言葉が語源で、差別的な意味合いも少し含みます。下戸の人が自分をそう言うのはいいですが、周りの人は言わない方が良い言葉です。

下戸は遺伝子的にアルコールの分解酵素を持たない人で、主にモンゴロイド、つまり東アジアの黄色人種に多いです。

日本国内だと、縄文・弥生の弥生系の人に下戸が多く、関西地方に多いという研究もあります。

ちなみに白人、黒人に体質的な下戸はいません。これも遺伝子的な原因です。

私のケース

私ですが全く飲めない下戸です。お酒を舐めただけでも、体は真っ赤になります。

飲むと頭がズキ、ズキして、吐き気がして、とにかくしんどいです。

若い時はお酒を断れない環境だと、飲んではトイレで、何度ももどしていました(汚い話ですみません)

実はつらい状況がいっぱい

下戸なら飲まなければいいと思うかもしれませんが、アルコールのハラスメントは意外に強いんです。最近は少しマシな風潮になってきましたが、気づいてほしい!

とりあえずビール

とりあえず乾杯はビールっていう慣習は、なんなんでしょう。とりあえずビールでいいですよね?って、なぜビールありきなのか。

またまたー、本当は飲めるんでしょ?

これもたまにいますが意味不明です。仮に飲めるのに飲まないとしても、それを尊重しないとダメでしょう。

体質的に飲めないんです、と説明しても分からないアホな人は減りましたが、なぜか本当に飲めないと言うと残念そうにするので、こちらが悪いことしたみたいになります。

酷い人は飲めないのは、つまらないと言ったりします。

お酒飲めない=本音を言わないという誤認識

お酒を飲んでは初めて本音で話せると思っているアホな人も多いです。自分の定規でしか世界が見えない人ですね。

お酒飲まなくても本音で話せます。

強いて言えば、相手がアホだと話したくなくなりますが。

お酒の席を使って仕事がしにくい

これはビジネス上のデメリットです。なんだかんだお酒を飲める人が多いので、ビジネス上の重要な相手がお酒を好きな人だと、対応が難しいです。

これは正直に言って、誠意をもって接するしかないと思っています。でも、ダメな時はダメなので諦めます。

飲み会の負担額が明らかに不公平

これも声を大にして言いたい。飲み会って、飲む人が得になるような構造なんです。

結局高いのはお酒。飲まない私はウーロン茶2杯でもうドリンクはいりません。でも、会計は割り勘なんてこともあります。

その分、食べればいいと言う人もいますが、そんなに食べられるものではないです。

ウーロン茶と唐揚げと食べたくない居酒屋の料理で5千円とか、焼肉でも行った方がよほど満足できます。

目が不自由な方を映画を誘いますか?

100歩譲って、下戸達は戦っています。不利益も甘んじています。それだけでも表彰してほしいくらいです。

でも、それでと飲ませようとするアホな人がまだいるのが世の中です。

私は言いたい。目が不自由な方を映画に誘うのですか?と。

下戸にお酒を飲ませようとするのは、これと同じことです。酷い行動です。

でも、日本ではお酒に寛容な雰囲気があり、意外に責められないのです。本当に止めてほしい、飲みにケーション。

飲まなくてもちゃんと話せますから!むしろ飲まずにキチンと話をしていることを、見習ってほしい!

下戸の有名人

意外な人が下戸だったりします。

男性有名人:サンドイッチマン、北島三郎、泉谷しげる、的場浩司

見た目はお酒に強そうですが、飲めないそうです。

女性有名人:吹石一恵、上戸彩、国仲涼子

女性だと飲めないことが逆にいいイメージになるのはなんででしょう。

お酒は甘え

お酒が人を酔わして、気持ちよくなるのは分かります。それを求める人も分かります。

でも、お酒がないとコミュニケーションとれないと言うのは甘えです。

コミュニケーションの潤滑油として、お酒が大事だとは分かりますが、あくまで潤滑油。なくてもコミュニケーションがとれるのが大人です。

最後に

下戸のつらさを分かっていただけたでしょうか。また下戸の人は共感してもらえましたでしょうか。

マイノリティを守る風潮がありますが、お酒が飲めない人への風当たりは全く変わりません。そろそろ、それぞれが好きなことだけをする世の中にしませんか?

さて、下戸のためのお酒対策は、また別の機会に書こうと思います。

私が言いたいのは、飲みたい人だけ自分のお金で好きなだけ飲んでください、これだけです。

飲めない人もいることを理解しましょう!

下戸(げこ)のためのお酒対策。コミュニケーションが苦手でも、飲み会を乗り切ろう。