ロシアWが今年の6月に開催されます。

残り5ヶ月を切っている中、サッカー日本代表のこれからが気になる人も多いはず。

 

選ばれるメンバーは?

W杯までのテストマッチは?

 

このワクワクがたまらない!

そして、W杯直前の最後のテストマッチの相手が決定しました。

その相手は、パラグアイ代表です!

ナイスマッチング!

 

W杯までの日本代表のスケジュール

まずはW杯までのスケジュールを確認します。

323日(金) ???代表戦(ベルギーで開催)マリ代表に決定!

327日(火) ???代表戦(ベルギーで開催)ウクライナ代表に決定!

530日(水) ???代表戦(日産スタジアムで開催)

6  8日(金) スイス代表戦(スイスで開催)

612日(火) パラグアイ代表戦(ロシアで開催)

そして、6月19日からW杯初戦が始まります!!

 

本番までは計5試合のみ。

まずは3月のヨーロッパ遠征・・・

 

その後、5月に日本で肩慣らしをして・・・

 

スイス代表パラグアイ代表で最後の調整!!

 

いい流れです。

 

3月のヨーロッパ遠征の相手

まずは3月のヨーロッパ遠征の対戦相手ですが、

まだ正式には発表されていません!

なぜ???

さすがに来月の試合なので、もう決まってもいい気がしますが、なぜまだ発表されていないのか。

ルーマニア代表アルジェリア代表マリ代表ウクライナ代表という報道もありますね。

最初はアルゼンチン代表などの強豪との調整を試みたそうですが、上手くいかずに対戦相手を色々探しているところみたいです。

W杯に出場する国からすると、この時期に日本代表と戦うメリットがあまりないので、

消去法的にあまり強くない国とのマッチメイクになりそうな予感です。

ここは発表を待ちましょう!

-追記-

対戦相手が決定しました!!!

323日:マリ代表

327日:ウクライナ代表

(出典:Getty Images

セネガルを想定した西アフリカのマリ代表FIFAランキング71、初対戦

ポーランドを想定したヨーロッパのウクライナ代表(FIFAランキング35位、1勝1敗)、

 

いずれもW杯の出場権は獲得できていませんが、W杯のグループリーグを想定するには、非常にいい相手でしょう。

 

マリ代表=セネガル代表ウクライナ代表=ポーランド代表 という想定でしょう。

 

よく想定〇〇代表という言い方をしますが、正直厳密には、少し違う気もします。

地域が同じ国というだけで、戦い方も同じな訳はないので。

だって、日本代表と韓国代表って全然違うじゃないですか。

でも、きっとアジア以外の地域の代表の対戦相手として、仮想日本代表の対戦相手として、韓国代表が選ばれることってあると思うんです。

 

それにしても、ヨーロッパの主要リーグで活躍するメンバーがいる日本よりも明らかに格上のチームでも、W杯に出場できないというヨーロッパ予選の厳しさを感じます。。

開催はベルギーのリエージュなので、スタジアムはここです↓

そういえば昔、川島選手がプレーしていましたねー

5月のキリンチャレンジカップの相手

未定です笑

こういうもん何ですかね??

開催することだけは決めたけど、相手は未定ってあるんですね。

うーん。。

ちなみに前回2014年のブラジルW杯の前の、キリンチャレンジカップはキプロス代表が対戦相手でした。

ちなみに4年前にキプロスがどこか気になって、調べたんですがトルコの南にある小さい島国です。

この時期に日本で開催する試合なので、前回同様、W杯に出場しない国かつあまり強豪でない相手になりそうですね。

W杯直前の親善試合!スイス代表&パラグアイ代表!

そして、いよいよW杯直前の親善試合。

最後の調整マッチです!

まずはスイス代表戦!

スイス代表(6月8日)

FIFAランキング8位の強豪国スイス代表

日本代表の過去の対戦成績:1勝(4得点3失点)

(出典:Getty Images

プレーオフで北アイルランドを敗って、ロシアW杯のチケットをゲットしました。

ヨーロッパの強豪国なので、本番を想定した、いい練習試合になりそうですね。

ちなみにスイス代表は、W杯本番でブラジル代表と同組です。

パラグアイ代表

そして、最後のテストマッチの相手がパラグアイ代表です。

(出典:Getty Images

忘れもしない8年前の南アフリカW杯、ベスト16でPKの末に敗れた相手です。

駒野の悲劇、あの時の悔しさを思い出してしまった。。

今回は負けない!

FIFAランキング31位、

日本代表の過去の対戦成績:2勝2敗4分(5得点7失点)

南米の戦い方を味わえるいい対戦相手です。

ちなみに、南米予選で敗退したため、今回のW杯には出場しません。

2大会連続の予選敗退なので、コロンビアにとっては日本のPKの呪いかもしれません。

さて、コロンビア代表選に向けたハリル監督のコメントです

パラグアイはデュエルの強さが特長であり、戦況に応じたプレーを選択できる賢さも併せ持つチームです。また非常にハードな守備とカウンターを大きな武器としています。この試合は3年半の活動の最後の直線、本大会直前にチームコンディションをトップにすることが大きな目的となります。

ちなみに私は、未だにデュエルの意味が分かってないです笑。。

誰か教えてください。

最後に

W杯までの親善試合は結果よりも内容だと言えるでしょう。

どんなメンバーでチームを仕上げていくのか。

ハリル監督のメンバー選考と采配に要注目です!!