平昌オリンピックの男子フィギュアが盛り上がりを見せています。

日本代表の羽生結弦選手、

昨日のショートプログラムは素晴らしいほぼパーフェクトな演技で、復活1戦目から1位になりました。

そして、今日オリンピック連覇をかけて、フリープログラムに出場します。

 

羽生結弦、羽生くんの優れた所

羽生結弦選手こと、羽生くんの優れた所はどこでしょうか。

 

・4つの4回転のジャンプが飛べること

・圧倒的な表現力

・フィギュアにマッチした体型と見た目

 

まとめるとこの3点になります。

 

フィギュアスケートは芸術点がある、つまり、技術だけではなくその見せ方もポイントに関係するスポーツです。

芸術の要素があるという点で、他のスポーツとは大きく異なります。

 

上手いだけ、強いだけではダメで、そこに美しさが求められるのです。

 

では、どんな選手が優秀なのか?

 

アスリートであり、かつ表現者として人に何かを与えられる選手が、優秀と言えます。

 

フィギュアが上手くて、美しいこと、そして、見ている人を惹きつけられること、

 

つまり、羽生選手が持っているずば抜けた3つの能力は、

全てフィギュアにマッチした能力と言えるでしょう。

 

だから圧倒的に強いのです。

 

圧倒的な力を見ると、そこには感動しか生まれません。

同じ時代に生きていて、彼の絶頂期の演技を見られる我々は、ラッキーと言えるでしょう。

フリープログラムの時間は?

オリンピックのフリープログラムは今日開催されます。

そして、羽生くんの出場時間ですが、13時30分〜14時頃(おそらく13時43分)になる予定です。

彼の演技をリアルタイムで見ることができる幸せを、味わいましょう。

 

「世界でもっとも純粋なものを作り上げていく作業を繰り替えて、奇跡を作っている」

これが彼です。

 

最後に

 

「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をして欲しい」

そう願って、お父さんが「結弦」という名前をつけたと言われています。

まさに凛とした生き方をしている、羽生くんは素晴らしいアスリートです。

 

※当記事内の画像は日刊スポーツWEBからの引用です