考える

3月の引越を安くする方法!時期をズラすだけで数十万円変わることも。

早いもので今年ももう3月です。

私ごとですが、引越しをすることになりまして、その準備を進めています。

しかしっ!!!

この時期の引越しは、とにかく高いんです。。

3月の引越しは高い!

3月って、実は引越業者のビジーシーズンなんです。

日本は4月から一年が始まるので、進学、異動、転職など、とにかく引越しがこの時期に重なります。

そうなると、何が起きるか。。

 

引越料金が、かなり高くなるんです。通常時期の倍ということも珍しくありません。

需要と供給のバランスですね。。

 

私の場合、仕方なく3月中の引越しが必要な状況で、対応できる日も限られている関係で、

なかなか交渉条件がない中、相見積もりで探しました。

一家3人の引越しで、そんなに荷物もないにも関わらず、20万円くらいかかりました。

しかも、これでもかなり値切り交渉をした結果です。。


引越業者との交渉

3月はビジーシーズンで、割高。でも、できるだけ安くすませたいということで、以下の点は注意して行いました。

相見積もりを取る!

これは非常に重要です。

でも、引越業者もそんなことは分かっているので、

できるだけ即決させようとして、今ならこれだけ割り引きますとか、色々言ってきます。

確かにお得な料金提示が多いのですが、まずは相見積を取りたいと言えば問題ないです。

 

他の業者の見積もりでこれくらいになっているということを伝えると、

意外とそれより下の料金提示をしてもらえるんです。

3回くらい引越ししていますが、いずれもそれで乗り切っています。


引越候補日は複数持つ!

引越業者にとって、見積依頼先は大事なお客さんなのですが、本当に忙しい日もあって、そもそも見積もりに応じてくれないこともあります。

例えば、3月の最後の週末、4月最初の週末などは、かなり前から見積予約しないと厳しいことが多いです。

そこで、交渉の要素として、引越日もできるだけ候補日を多く持っておくようにしましょう

その日はダメですが、この日ならもっと安くできます!っていう流れも結構多いです。

安くするためには重要な要素です。

時間は引越業者に任せる!

これも重要なポイントです。

引越業者の1チームは、1日にだいたい3〜4の現場を回ります。

結局、このチームの分担をどう当てはめるかを、営業担当の人は考えています。

 

絶対この時間!という決めを作ってしまうと、選択肢が減るので、どうしても料金は高くなるんです。

指名料みたいなものです。

 

でも、時間はいつでもいいです!となると、空いているコマを埋める案件にできるので、

安い料金にできるのです。

 

時間に融通が効く人は、迷わずそうしましょう。

しかも、最初は時間帯を指定しておいて、やっぱり時間融通できますよ、

と言うと、割引幅が大きくなることもあります。

引越業者の見積の取り方

一番大事な相見積もり。

今はネットで色々なサービスがあります。

見積もりが一括で取れるので、少しでも安くしたい人には、とてもオススメです。



でも、たくさんの業者さんとのやりとりが面倒臭がりの人は。。

ネットで情報を調べて、2社に絞って個別に連絡という方法がオススメです。

時間も短縮できますし、個別に営業担当の人と会って決めることができるので、融通も効きます。

最後に

引越しは10回も20回もするものではないので、

こちらがあまり分かっていない前提で、引越業者さんは割高な金額設定を提示してくることが多いです。

引越は、モノを動かす以外にも色々とお金がかかるので、できるだけ安くしておきたいところです。

いい引越業者さんを見つけて、お得に引越しをしましょう。