考える

下戸(げこ)のためのお酒対策。コミュニケーションが苦手でも、飲み会を乗り切ろう。

私はお酒が飲めない下戸(げこ)です。

さらにコミュニケーション能力が高い方ではない。

だから、飲み会やお酒の席が嫌いです。

とりあえずお酒を飲んでおくことで、場に馴染んでおくという作戦が取れないからです。

きっと同じような人はいるはず。

飲み会での下戸

下戸は飲み会では、非常に辛いポジションにいます。

お酒が飲めないので、純粋にお酒を楽しむことができないが故に、黙ってお酒を飲んでおくという振る舞いができません。。

お酒を勧められ、勧めてという流れが必ず出てきて、場の空気を壊さずにこれを受け流し続けることはほぼ不可能だからです。

そのため、場を盛り上げる役場の空気をキープする役のいずれかでしか、辛くてその場にいれません。

場を盛り上げる役:お酒に関係なく、会話で飲み会をどんどん盛り上げる役割

場の空気をキープする役:お酒や料理をアレンジするなど裏方的な役割

 

結局、下戸が飲み会に参加する時には、役割を持たざるを得ない。

つまり、自らのタスクを背負った、ほぼ仕事と言っていい状態でしか、飲み会に参加できないのです。

下戸にとって、飲み会はストレス発散どころか、ストレスが溜まる場なのです。

下戸にとって飲み会は「修行の場」だと捉えよう

そんな下戸の厳しい環境。

コミュニケーション能力が高ければ、なんとかやりきれそうですが、そうでないとかなり辛いことが簡単に想像できると思います。

最初の注文の時に、ソフトドリンクを頼む時の勇気は、お酒好きな人にも分かってほしい。

でも、コミュニケーション能力が高くない下戸の人も、大丈夫。

ここは割り切って考えて、飲み会を乗り切りましょう。

そう、飲み会は修行の場なのです。

飲み会の修行を乗り切る方法

飲み会は価値観と違う人と、同じ時間をうまく過ごすための修行の場です。

今日はこの能力を高めたぜ!というポイントを意識しながら、参加しましょう。

①幹事をやる

これ実は一番楽です。

中途半端な気遣いではなく、明確に場を取り仕切るという仕事を引き受けてしまいます。

そうすることで、お酒を飲まないようにするのも自由自在です。

しかも、幹事として色々お店と調整しているという理解を得られるので、面倒なら席を外して一人休憩もできます。

なんのために飲み会に参加しているのか謎ですが笑

②オーバーなリアクションを取り続ける

とにかくオーバーにリアクションを撮り続けることで、お酒を飲み人の気持ちを乗せ続けます。

これリアクションをし続けることで、お酒を勧められるタイミングを減らすとともに、話し相手として重宝がられます。

でも、相手を間違えると、逆にお酒を勧め始める人がいるので、要注意です。

③お酌をし続ける

攻められる前に、攻めるという戦い方です。

とにかくお酌し続けることで、自分にお酒が回ってくるのを避けます。

④オーダー係・お酒を作る係をする

これもかなり良い役割です。

オーダーは基本ずっと何かしらありますし、お酒を作る機会も後半になるほどに増えます。

特にお酒を作る場合は、お酒を作るふりをして自分の分だけ、水や烏龍茶にするという技を使うことができます。

⑤理由をつけて車で飲み会に参加する

公式に飲まないというカードを持てる方法です。

車なんで、飲めないんです!

これを言って飲ましてくる人は、犯罪者なのでアホですか?と言ってあげましょう。

⑥病気で飲めないと言う

体質で飲めないと言うと理解できないアホな人がいるのですが、

病気でと言うと意外と理解してもらえます。

肝臓がーとか、膵臓がーとか言っておきましょう。

色々詮索されて面倒なこともありますが、体調面を言えばほぼクリアできると経験的には言えます。

最後に

下戸の飲み会対策でした。

目が悪い人に映画を勧めないように、足が悪い人にサッカーを勧めないように、

耳が悪い人を音楽を勧めないように、そばアレルギーの人にそばを勧めないように、

お酒が飲めない人にお酒を勧めない、そんな優しい世の中になってほしい。

 

お酒だけ、合法的な麻薬のように、ハラスメントとしての位置付けが弱いのか、この状況を変えていきたいと思っています。

 

世の中ではダイバーシティーと言いながら、お酒には特別な地位が与えられている気がするのはなぜでしょう。

下戸の皆さん、負けずに頑張りましょう!

下戸(げこ)の気持ち。意外な芸能人も?お酒は罰ゲーム以上につらい!