NHK受信料についての新たな判決が、東京高裁で出されました。

その内容は、ワンセグ携帯の所有=受信設備の設置に当たるというものです。

相変わらずの驚き判決です。

NHKにまだお金をあげる気?と思った人も多いと思います。

最高裁の判決内容

今回の裁判では、ワンセグ携帯の所有が、放送法における「受信設備の設置」に該当するのか?が焦点となりました。

そして、高裁からは携帯型の受信設備も含むという判決が出されました。

なんか変だなーと思った方、その感覚はおかしくないです。

でも、裁判所を責めてはいけないと思います。

なぜなら、日本の三権分立がきちんと機能している証とも言える判決と言えるからです。

放送法自体の問題

今回の争点は、あくまで放送法の「受信設備」にワンセグ携帯が含まれるのか?でした。

だから、裁判所はワンセグが放送を受信できるから、含まれるという判断をしました。

この判断自体は、決しておかしくないと思います。

 

でも、多くの人は、この判決に基づいて受信料を支払うのは嫌だと思うでしょう。

これは感覚として健全だと思います。

では、なぜ裁判所の判断が、健全な感覚とずれているのか?

 

それは、裁判所は法律の文言を正しく解釈しているだけで、

そもそもの法律、つまり放送法自体が変な法律だからです。

 

多くの人が違和感を感じる理由、それは放送法自体のおかしさにあるのです。

放送法の変なところ

放送法では、受信機器があれば、強制的にNHKと受信契約を結ぶ義務が生じるとしています。

これが全ての違和感の原因です。

 

裁判所は、この法律があるからこれに基づいて判断をせざるを得ません。それが仕事です。

既にある社会的に影響の大きい法律に当てはめて判断すると、こういう判決が出てしまうんです。

でも、ここで変に国民の思いを汲み取ってしまったら、近くのどこかの国みたいに、

国民の人気取りのために、民意で判決が決まるという三権分立の崩壊に繋がります。

その意味では、日本の裁判官は真面目なのです(中には変な思想を出してくる人もいますが)。

 

放送法って、戦後すぐにできた法律ですでに時代と完全にマッチしていない。

インターネットや、ワンセグ携帯、スマホなんて想像もできない時代に、作った法律です。

見たい人だけNHKを見るという制度に変えれば誰も文句言わないと思います。

 

でも多くの利権が生まれてしまって、権力者も関与しているため、変えるのが非常に困難な法律になってしまっているんだと思います。

 

この問題は、結局のところ立法の話、つまり国会で協議して法律自体を変えて行かなければならない問題なのです。

あまり議論になっていないのは、国会の関係者もNHKに近いからでしょう。

電波法の改正も盛り上げないようにする民法がいるのと同じ構図です。

ワンセグ判決で考えらえる問題点

ワンセグ携帯が受信機器だとすると、多くの車のカーナビも受信機器です。

そうなると、NHKはワンセグ携帯を契約する度、ワンセグ付のナビが売れる度に、受信契約を締結できるという法律上の整理になります。

ヤ●ザのような徴収権限を持つ組織に、さらなる資金源を与えるという、誰も望んでいない方向に進んでいきますね。

携帯ショップや、カーディーラーにもNHKの申込用紙が並ぶかもしれません。

 

やっぱり法律が古すぎて、現状にマッチしていないのが明確ですね。

だって、↓こういう時代にできた法律ですから、現状にマッチするわけがないですよね。

最後に

放送法に関する違和感のある判決についてでした。

法律も制度も老朽化するので、メンテナンスが必要ですが、放送法は古すぎて建て替えが必要なレベルに来ていると強く感じます。

淡々と立法の問題であることを主張し続けて、放送法を変える力を少しでも大きくしたいなと思っています。

あくまで紳士的に淡々と。その方が物事は早く進む気がするので。

NHK受信料に判決が。なぜ合憲なのか?違和感を感じるのは私だけ?