ハリル監督の解任が決定しました。

ワールドカップまで残り3ヶ月を切ったこのタイミングでの解任。

なぜ今なのか。

驚きのニュースです。

ハリル監督の解任理由

ワールドカップ予選を突破したことは、求められる仕事をこなしていたと言えるでしょう。ここまでは色々あったものの、監督としての仕事を評価する声も多かったかなと思います。

おそらくその後、ワールドカップに向けた準備の段階からどうも様子がおかしくなりました。

選手選考に関する協会、ファンの意識とのズレ、サッカーの内容、結果の改善が見られないこと。むしろ悪くなっていったこと。

ヨーロッパ遠征で、その評価は決まったのかもしれません。

なぜ遠征からワンテンポおいての発表としたのか、ここは分からないですが、ウクライナ戦の後に、協議があったのでしょう。

ハリル監督の後任は?

現状発表されていません。

このタイミングなので、日本人監督になる可能性が高いと思います。選手とのコミュニケーションと理解を考えると、外国人監督はリスキーです。いい監督は空いてないですし、あまりにリスクしかなく引き受けないでしょう。

おそらく手倉森さん、西野さんあたりが、そのまま監督にスライドするような気がします。実績から問題はないでしょう。時間がない点が気になるところです。

→西野監督に決定しました!

安定感のある監督なので、最初から西野さんにしておけばいいのにと少し思いますが、マイアミの奇跡再びを期待したいです。

選手選考への影響

このタイミングでの監督交代。おそらく選手選考にも影響があるはずです。

ハリル流の選手選考とは、違った手堅い陣容になると予想します。

香川、本田、岡崎、乾、武藤

ハリル監督の下では、あまり重用されなかったメンバーが復活すると予想します。イメージは、みんなが想像するベタな日本代表かなと。

ワクワクする代表が見たい私としては、楽しみです。

戦術的なところも、縦に速いサッカーではなく、得意のパスサッカーの要素を入れてくるかもしれません。

最後に

ハリル監督は無念かもしれません。

でも、ワールドカップに行けるのは間違いなく彼のお陰。

本番直前のこのバタバタも、長い目で見れば、結果的に日本のサッカー界が、勉強させてもらえたことなのかもしれません。

きっとプラスに働くはずです。

最後は感謝を伝えたい。

ありがとう、ハリル監督!またどこかで!